カードローンが出来ない時は可能な限り早く連絡

カードローンでお金を借りた場合には、借りた額に関係なく返済日までに返済しなければいけません。しかし、どうしても返済が出来ないというのであれば、まずは可能な限り早く連絡しましょう。例えば、返済日よりも前に返済が出来ないと確定したら、その時にすぐに連絡するのです。また、返済日までに返済できないことがまだ確定していなくても、高い確率で返済出来ないようであれば先に連絡しておくと良いでしょう。なぜなら全てのカードローン会社では無いものの、事前に連絡さえしていれば、救済措置をとってもらえることがあるからです。

救済措置とは、具体的に説明すると返済日の延長のことを意味します。先程も解説したように全てのカードローン会社でこの救済措置を取ってもらえる訳ではありませんが、いずれにせよ返済が出来ないことがわかった時点で連絡すれば、今後の対応が分かるようになるでしょう。

カードローンが返済できなかった後のリスク

カードローンの返済ができなかった場合のリスクには、様々なものがあります。例えば、返済が遅くなりすぎた場合には一括返済を強制されてしまう、裁判を起こされてしまう可能性があるというリスクです。その他にも信用情報に傷がついてしまい、クレジットカードの作成や新しいローンの審査に通りづらくなったり、延滞金によってより大きな経済的なダメージが生まれるといったリスクもあります。

このページの先頭へ